協会について

PROFILE

協会概要

会長挨拶

MESSAGE

一般社団法人重仮設業協会 会長 馬越 学

本協会は昭和50年10月に「重仮設リース業協会」として発足、「重仮設業協会」に名称変更後、昭和53年に建設大臣より任意団体として認可され、平成26年5月に一般社団法人へ移行いたしました。

その目的は、「重仮設材の施工並びに賃貸の業務に関し、広く知識を内外に求めながら、調査・研究を継続的に行い、建築土木の基礎仮設材及び施工・工法の技術改善と安全の向上を追及し、法令遵守の下、建設産業の健全な発展に寄与するとともに、社会への貢献を果たすこと」であります。

未曾有の災害となった東日本大震災においては、国土交通省をはじめ諸官庁の指導の下、資材の供給責任を果たすべく協会員の総力を挙げて対応いたしました。復旧・復興事業の一助となれたことは、まさに協会の理念に叶うものであり、誇りとするところであります。

近年の建設業界は、オリンピック・パラリンピックの開催を控え、老朽インフラ更新や都市再開発など社会資本の整備、拡充等、旺盛な需要が続いておりますが、足元を見れば技能労働者の不足や高齢化、労務費の上昇など、多くの課題を抱えております。

このような状況の中、当協会では、講習会、勉強会、昨年度改訂しました「山留め・構台計画の知識」等を通じて会員各社の製品品質向上、技術的研鑽、安全の向上を図って参りました。これらの活動を通じ、上述の課題の解決を図り、社会への貢献を果たしていく所存です。

最後に、関係者各位のご支援を賜りながら、本協会のプレゼンス向上を図りたいと考えております。何卒皆様には引き続き、ご指導ご鞭撻を賜ることをお願い申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

理念・目的

PHILOSOPHY

重仮設業協会 理念

  • 一、我々は、社会基盤整備(建設事業)の基礎を支え、地域社会の発展に貢献します。
  • 二、我々は、環境に配慮した循環型社会の形成に向け、限られた資源を有効に活用します。
  • 三、我々は、安全で安心な商品、工法、技術の継続的な研究開発に努めます。

目的

本会は、重仮設材の施工並びに賃貸の業務に関し、広く知識を内外に求めながら調査、研究を継続的に行い、建築土木の基礎仮設材及び施工・工法の技術改善と安全の向上を追求し、法令順守の下建設産業の健全な発展に寄与するとともに、社会への貢献を果たすことを目的とする。

法人概要

PROFILE

法人名 一般社団法人重仮設業協会
住所 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-10 ダイアビル 3F
連絡先 TEL:03-3667-4816
FAX:03-3667-4817
会長 馬越 学
事務局長 山口 隆司
事業内容
  • 重仮設材に関する調査研究
  • 重仮設材の技術に関する調査研究
  • 重仮設材に関する関係機関への協力及び建議、請願
  • 技術、工事及び安全に関する研修会、講習会の開催
  • 統計資料に基づく調査研究
  • 機関紙及び参考図書の刊行
  • その他本会の目的を達成するために必要な事業

役員紹介

OFFICER

会長 馬越 学 ジェコス株式会社 代表取締役
副会長 平野 精一 ヒロセ株式会社 代表取締役
理事 緒方 公成 株式会社 エムオーテック 代表取締役
伊藤 剛 太洋ヒロセ株式会社 代表取締役
加藤 七郎 丸藤シートパイル株式会社 代表取締役
桒山 章司 丸紅建材リース株式会社 代表取締役
監事 村中 信男 北陸建材株式会社 代表取締役

組織図

ORGANIZATION

組織図

アクセスマップ

ACCESS

CONTACT

お問い合わせ

TEL. 03-3667-4816