重仮設業協会

重仮設業協会

協会概要(沿革)

沿革

1975 昭和50 重仮設リース業協会発足 中央区日本橋宝町1-9-1
1976 昭和51 重仮設業協会に名称変更
1977 昭和52 事務所移転 中央区日本橋蛎殻町1-27-1
賃貸品種サイズの統一化
1978 昭和53 旧建設大臣により任意団体届出を受理
1979 昭和54 広報委員会、技術工場委員会設置
1980 昭和55 検収基準の統一化
1981 昭和56 創立5周年記念式祝賀会開催
(藤森会長)「旧建設大臣感謝状」拝受
1983 昭和58 技術工場委員会を技術委員会、工場委員会に発展分離
1987 昭和62 事務所移転 日本橋蛎殻町1-18-1
1990 平成2 創立15周年記念祝賀会開催
1992 平成4 工事委員会設置
1996 平成8 「阪神淡路大震災関連資料」を兵庫県立図書館に寄贈(礼状)
旧建設省から「阪神淡路大震災に貢献」に対し礼状拝受
2002 平成14 製品基準の統一化
2003 平成15 H形鋼継手の標準化
2006 平成18 安全衛生委員会が工事委員会下部組織から独立
2008 平成20 H形鋼ボルト継手仕様の一部改訂
会員名称の変更(「正会員」→「理事会員」、「準会員」→「普通会員」)
「協会理念」制定
2010 平成22 検収基準改訂
2011 平成23 全国支部会・構造改善委員会の抹消、総務委員会設置
2014 平成26 定款の改訂
一般社団法人格取得
2015 平成27 事務所移転 東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-10
40周年記念式典開催
2016 平成28 国土交通省東北地方整備局より「平成27年度復興加速功労者表彰」を受賞

ページの先頭へ